Agenda

Day 1 :10月30日(金) 

 

全編英語にて開催(同時通訳有)

当日の受付は大変混雑することが予想されます。8:00から受付を開始しておりますので、可能な限りお早めにご来場の上、お受付をすませてくださいますようお願い申しあげます。

 
 

8:00am - 9:00am 登録・受付 

9:00am - 9:15am  開会の挨拶                                                                  

星 岳雄, ディレクター, スタンフォード大学ショーレンスタインアジア太平洋研究センター(APARC)

石井芳明 , 新規事業調整官, 経済産業省 経済産業政策局 新規産業室  

9:15am - 9:45am ファイヤーサイド・チャット
"a16z - A New VC Paradigm"
「ベンチャーキャピタルの新潮流ーAndreessen Horowitzの現在と未来」 
Scott Kupor, COO, Andreessen Horowitz
伊佐山 元, WiL(モデレーター)

9:45am - 10:35am パネル・ディスカッション
"University Contribution to the Venture Ecosystem" 
「大学とVCの共生ーWinWinな関係構築に向けて」
パネリスト:
郷治 友孝, 東京大学エッジキャピタル
岡橋 寛明, みやこキャピタル
Martin Kenney, カリフォルニア大学
Richard Dasher, スタンフォード大学 アジア・米国技術経営研究センター(モデレーター)

10:35am - 10:50am 休憩

10:50am - 11:10am キーノート
"The Startup Pivot Story - and the Role an Investor Plays" (TBC)
「ベンチャー経営における挫折と成功」
Andrew Braccia, Managing Partner, Accel Partners

11:10am - 12:00pm パネル・ディスカッション
"Disruptive Innovation -Where is it happening today?"
「既存産業における破壊的イノベーションとVCの役割」
パネリスト:
Rob Coneybeer , Shasta Ventures
Keith Rabois , Khosla Ventures
中野 慎三, 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
琴 章憲, WiL(モデレーター)

12:00pm - 1:10pm 昼食

1:10pm - 1:30pm キーノート
"Evolution of Venture Capital in Silicon Valley"
「シリコンバレーの歴史と未来」
Dixon R. Doll, Co-Founder & Partner Emeritus, DCM

1:30pm - 2:20pm パネル・ディスカッション
"Rise of CVC - How can corporates and VCs benefit from each other?"
「企業のベンチャー活用と成功するCVC」
パネリスト:
Claudia Fan Munce, IBM Venture Capital Group
Craig Sherman, Meritech
秋元 信行, NTTドコモ・ベンチャーズ
北村 充崇, Draper Nexus Ventures(モデレーター)

2:20pm - 2:40pm 休憩

2:40pm - 3:00pm キーノート
"Japan as a Startup Nation" 
 「日本のスタートアップー現在と未来」
仮屋薗 聡一,マネージングパートナー, グロービス・キャピタル・パートナーズ, 
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会会長

3:00pm - 3:50pm パネル・ディスカッション
"Breeding Unicorns - Is that even possible?"
「ユニコーンへと導くVCとしての役割」
パネリスト:
Ethan Kurzweil, Bessemer Venture Partners
Howard Hartenbaum, August Capital
Mike Volpi, Index Ventures
高宮 慎一, グロービス・キャピタル・パートナーズ
伊佐山 元, WiL(モデレーター)

3:50pm - 4:10pm 休憩/Coffee Break

4:10pm - 4:30pm キーノート
"The Ambidextrous Organization"
「二刀流組織」
Charles A. O'Reilly III, Ph.D., Director of the Leading Change and Organizational Renewal Executive Program, Stanford University

4:30pm - 5:20pm パネル・ディスカッション
"Commercialization of Emerging Technologies - The Role of VC"
「これからの成長産業とVCの関わり方」
パネリスト:
Jeff Clavier, SoftTech VC
Tim Chang, Mayfield
本間 真彦, インキュベイトファンド
安永 謙,  産業革新機構
大谷 俊哉, Translink Capital(モデレーター)

5:20pm - 5:30pm 閉会の挨拶                                                                   星 岳雄 , ディレクター, スタンフォード大学ショーレンスタインアジア太平洋研究センター(APARC)

5:30pm - 6:30pm ネットワーキング・イベント

7:00pm - カクテルパーティ*
参加をご希望の方は、下記からお申込みください。
カクテルパーティ参加申込み
*本カクテルパーティは経済産業省事業外となっております。

 

Agenda内容および登壇者は変更となる可能性があります


Day 2 :10月31日(土)

 

シリコンバレーで新境地を開拓する日本企業や日本人起業家から、ベンチャーの聖地の「今」を知り、日本にとって、イノベーションにとって、シリコンバレーとは何か、生きた体験談から成功の法則を紐解きます。

全編日本語で進行
(内容は確定次第、順次更新いたします)

 
 

9:00am -9:30am 登録・受付

9:30am - 9:40am 開会の挨拶

9:40am - 10:10am ゲストスピーチ
「間違いだらけのシリコンバレー理解 - 本物の事業創造・事業イノベーションのために」
校條 浩, Net Service Ventures

10:10am - 10:40am ゲストスピーチ
「テスラでの創業経験とDrivemode起業」
上田 北斗, Drivemode

10:40am - 11:00am コーヒーブレイク

11:00am - 11:50am ゲストスピー
「日本企業にとってのシリコンバレー活用」
杉本 直樹, Honda Silicon Valley Lab
西城 洋志, ヤマハモーターベンチャーズ&ラボラトリーシリコンバレー

11:50am - 12:20pm ゲストスピーチ
「SaaSベンチャーCEOから見たシリコンバレーの風景」
芳川 裕誠, TreasureData                                                                                                 
12:20pm - 1:15pm 昼食

1:15pm - 1:30pm  ゲストスピーチ
「日本におけるVCの環境変化」
村田 祐介, インキュベイトファンド・ジェネラルパートナー

1:30pm - 2:30pm パネルディスカッション
「日本人VCによるシリコンバレー裏事情」
大谷 俊哉, Translink Capital
北村 充崇, Draper Nexus Ventures
宮田 拓弥, Scrum Ventures
伊佐山 元, WiL(モデレーター)

2:30pm - 3:15pm ゲストスピーチ
「日本発世界とはーiPS研究の最先端」
中内啓光, 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター センター長・教授/スタンフォード大学教授

3:15pm   閉会