起業家の聖地・シリコンバレーにて
米国を代表するベンチャーキャピタリストと
出会い、語り、未来を共創する「場」

日米VCカンファレンス MOMENT 2015  

たった一度の出会い “Moment” が
人生を根底から変えることがある



開催目的

現在、日本のベンチャー投資家にとって、本場シリコンバレーのベンチャーキャピタリストと交流し、米国流の投資ノウハウやイノベーションの手法を学ぶ機会は十分とはいえません。本カンファレンスでは、意欲ある日本のベンチャー投資家に、シリコンバレーのトップクラスのベンチャーキャピタリストとの交流を通して、米国流からの「気づき」と「学び」を得る機会を提供します。同時に、米国のベンチャーキャピタリストが日本のベンチャー市場や投資機会について理解を深めることで、日本のベンチャー企業への投資の活性化につなげ、ベンチャーエコシステムの形成・拡大を目指します。

Top2.jpg

開催概要

世界最高峰の起業家とベンチャーキャピタリストが集まるイノベーションの聖地「シリコンバレー」が今、再び世界中から熱い注目を浴びています。

今般、 経済産業省、スタンフォード大学アジア太平洋研究所、World Innovation Lab (WiL)、有限責任監査法人トーマツは共に連携し、数多くの起業家を輩出してきたスタンフォード大学にて、日米VCカンファレンス MOMENT 2015を開催いたします。世界のベンチャー投資をリードするシリコンバレーのベンチャーキャピタリスト、日本を代表するベンチャー投資家など幅広い参加者が集い、ベンチャーの未来を語ります。


 
 

Agenda

Day 1 :10月30日(金) 

 

全編英語にて開催(同時通訳有)

当日の受付は大変混雑することが予想されます。8:00から受付を開始しておりますので、可能な限りお早めにご来場の上、お受付をすませてくださいますようお願い申しあげます。

 
 

8:00am - 9:00am 登録・受付 

9:00am - 9:15am  開会の挨拶                                                                  

星 岳雄, ディレクター, スタンフォード大学ショーレンスタインアジア太平洋研究センター(APARC)

石井芳明 , 新規事業調整官, 経済産業省 経済産業政策局 新規産業室  

9:15am - 9:45am ファイヤーサイド・チャット
"a16z - A New VC Paradigm"
「ベンチャーキャピタルの新潮流ーAndreessen Horowitzの現在と未来」 
Scott Kupor, COO, Andreessen Horowitz
伊佐山 元, WiL(モデレーター)

9:45am - 10:35am パネル・ディスカッション
"University Contribution to the Venture Ecosystem" 
「大学とVCの共生ーWinWinな関係構築に向けて」
パネリスト:
郷治 友孝, 東京大学エッジキャピタル
岡橋 寛明, みやこキャピタル
Martin Kenney, カリフォルニア大学
Richard Dasher, スタンフォード大学 アジア・米国技術経営研究センター(モデレーター)

10:35am - 10:50am 休憩

10:50am - 11:10am キーノート
"The Startup Pivot Story - and the Role an Investor Plays" (TBC)
「ベンチャー経営における挫折と成功」
Andrew Braccia, Managing Partner, Accel Partners

11:10am - 12:00pm パネル・ディスカッション
"Disruptive Innovation -Where is it happening today?"
「既存産業における破壊的イノベーションとVCの役割」
パネリスト:
Rob Coneybeer , Shasta Ventures
Keith Rabois , Khosla Ventures
中野 慎三, 伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
琴 章憲, WiL(モデレーター)

12:00pm - 1:10pm 昼食

1:10pm - 1:30pm キーノート
"Evolution of Venture Capital in Silicon Valley"
「シリコンバレーの歴史と未来」
Dixon R. Doll, Co-Founder & Partner Emeritus, DCM

1:30pm - 2:20pm パネル・ディスカッション
"Rise of CVC - How can corporates and VCs benefit from each other?"
「企業のベンチャー活用と成功するCVC」
パネリスト:
Claudia Fan Munce, IBM Venture Capital Group
Craig Sherman, Meritech
秋元 信行, NTTドコモ・ベンチャーズ
北村 充崇, Draper Nexus Ventures(モデレーター)

2:20pm - 2:40pm 休憩

2:40pm - 3:00pm キーノート
"Japan as a Startup Nation" 
 「日本のスタートアップー現在と未来」
仮屋薗 聡一,マネージングパートナー, グロービス・キャピタル・パートナーズ, 
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会会長

3:00pm - 3:50pm パネル・ディスカッション
"Breeding Unicorns - Is that even possible?"
「ユニコーンへと導くVCとしての役割」
パネリスト:
Ethan Kurzweil, Bessemer Venture Partners
Howard Hartenbaum, August Capital
Mike Volpi, Index Ventures
高宮 慎一, グロービス・キャピタル・パートナーズ
伊佐山 元, WiL(モデレーター)

3:50pm - 4:10pm 休憩/Coffee Break

4:10pm - 4:30pm キーノート
"The Ambidextrous Organization"
「二刀流組織」
Charles A. O'Reilly III, Ph.D., Director of the Leading Change and Organizational Renewal Executive Program, Stanford University

4:30pm - 5:20pm パネル・ディスカッション
"Commercialization of Emerging Technologies - The Role of VC"
「これからの成長産業とVCの関わり方」
パネリスト:
Jeff Clavier, SoftTech VC
Tim Chang, Mayfield
本間 真彦, インキュベイトファンド
安永 謙,  産業革新機構
大谷 俊哉, Translink Capital(モデレーター)

5:20pm - 5:30pm 閉会の挨拶                                                                   星 岳雄 , ディレクター, スタンフォード大学ショーレンスタインアジア太平洋研究センター(APARC)

5:30pm - 6:30pm ネットワーキング・イベント

7:00pm - カクテルパーティ*
参加をご希望の方は、下記からお申込みください。
カクテルパーティ参加申込み
*本カクテルパーティは経済産業省事業外となっております。

 

Agenda内容および登壇者は変更となる可能性があります


Day 2 :10月31日(土)

 

シリコンバレーで新境地を開拓する日本企業や日本人起業家から、ベンチャーの聖地の「今」を知り、日本にとって、イノベーションにとって、シリコンバレーとは何か、生きた体験談から成功の法則を紐解きます。

全編日本語で進行
(内容は確定次第、順次更新いたします)

 
 

9:00am -9:30am 登録・受付

9:30am - 9:40am 開会の挨拶

9:40am - 10:10am ゲストスピーチ
「間違いだらけのシリコンバレー理解 - 本物の事業創造・事業イノベーションのために」
校條 浩, Net Service Ventures

10:10am - 10:40am ゲストスピーチ
「テスラでの創業経験とDrivemode起業」
上田 北斗, Drivemode

10:40am - 11:00am コーヒーブレイク

11:00am - 11:50am ゲストスピー
「日本企業にとってのシリコンバレー活用」
杉本 直樹, Honda Silicon Valley Lab
西城 洋志, ヤマハモーターベンチャーズ&ラボラトリーシリコンバレー

11:50am - 12:20pm ゲストスピーチ
「SaaSベンチャーCEOから見たシリコンバレーの風景」
芳川 裕誠, TreasureData                                                                                                 
12:20pm - 1:15pm 昼食

1:15pm - 1:30pm  ゲストスピーチ
「日本におけるVCの環境変化」
村田 祐介, インキュベイトファンド・ジェネラルパートナー

1:30pm - 2:30pm パネルディスカッション
「日本人VCによるシリコンバレー裏事情」
大谷 俊哉, Translink Capital
北村 充崇, Draper Nexus Ventures
宮田 拓弥, Scrum Ventures
伊佐山 元, WiL(モデレーター)

2:30pm - 3:15pm ゲストスピーチ
「日本発世界とはーiPS研究の最先端」
中内啓光, 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター センター長・教授/スタンフォード大学教授

3:15pm   閉会

 
 
 

日米VCカンファレンス
MOMENT 2015

日時:2015年10月30日(金)~2015年10月31日(土)

場所:米国・スタンフォード大学 ARILLAGA ALUMNI CENTER

参加登録の受付は終了いたしました

 

photo © International Railway Summit

 
 

会場までのアクセス

開催場所
326 Galvez Street, Stanford CA 94305
Arrillaga Alumni Center, Stanford University
大学正門より徒歩15分程度(学内地図 )

公共機関でのアクセス
Palo Alto Caltrain Stationより徒歩20分
30日に限りPalo Alto Caltrain Stationから無料シャトルバスが運行されています。乗車時間は5分。最初の停車箇所:AlumniCenterで下車ください。
シャトルバス時刻表とルートマップ

お車でのアクセス
サンフランシスコ市内より約40分
サンフランシスコ国際空港より約30分
サンノゼ国際空港より約25分
※道路の混雑具合(特に朝夕のラッシュ時)により大幅に時間が変動しますのでお気をつけ下さい。

会場最寄りの駐車場
Campus Driveを挟んだGalvez駐車場(駐車場地図 )

 

推奨ホテル

 

Rosewood Hotel Sand Hill  …スタンフォード大学まで車で5分

Sheraton Hotel Palo Alto スタンフォード大学まで車で5分

Four Season Hotel Silicon Valley スタンフォード大学まで車で10分

Crowne Plaza Palo Alto …スタンフォード大学まで車で15分

 
 
 

Q1. 主にどんな人が参加しますか?
日米でベンチャーに関わる方が幅広く参加される予定です。VCでベンチャー投資を行っている方、事業会社や金融機関で投資や新規事業開発などを担当されている方、自治体などでベンチャー企業への出資、融資などに携わる方、起業家や起業を考えている方、などが想定されます。

Q2. 参加資格はありますか?
特に参加資格は設けておりませんが、現在の業務でベンチャーと関わりがあるなど、高い参加意識をお持ちの方が望ましいです。

Q3. ドレスコードはありますか?
ドレスコードは特にございません。カジュアルな服装でお越しください。

Q4. 現地までの交通はどうすればいいですか?
主催者側では交通の手配を行なっておりません。恐れ入りますが各自手配を御願いいたします。

Q5. 現地での宿泊の手配はどうすればいいですか?
主催者側では宿泊の手配を行なっておりません。開催場所に近い推薦ホテルをウェブサイトに掲載いたしております。期間中は混雑が予想されるため、お早めのお手配をお勧めいたします。

Q6. 参加者は何名ぐらいの規模になりますか?
日米合わせて、数百名規模での開催を予定しています。

Q7. 参加申し込みはどうすればいいですか?
本ウェブサイトにて登録が可能です。参加登録がない場合は受付で入場をお断りさせて頂くことがございます。

Q8. 参加費はかかりますか?
日本からの参加者で日本語ウェブサイトから参加登録された方は、参加費は無料となっております。現地までの宿泊費、交通費はご自身での負担となります。

Q9. 2日目のセッションはどのような内容ですか?
2日目は日本からの参加者のみで、終日、日本語でのセッションを予定しています。現地で活躍する日本人から生の体験談を聞き、ネットワーキングの機会として有益ですので奮ってご参加いただければと思います。

Q10. 1日目のみ参加可能ですか?
止むを得ない理由で2日目に参加できない場合は、主催者側事務局に不参加の旨のご連絡をお願いいたします。

Q11. 同時通訳は事前の申込が必要ですか?
事前のお申込みは必要ありません。会場にて端末を貸し出しておりますので、当日受付にてご利用の旨をお伝えください

Q12. ネットワーキングとはどのようなものでしょうか?
ネットワーキングでは軽食をご用意して、参加者同士で交流できる機会を提供しております。


 

主催 経済産業省      
共催 スタンフォード大学
運営 WiL、有限責任監査法人トーマツ

 

Moment 2015は、経済産業省の平成27年度予算「グローバル起業家等育成プログラム」の一環として、代表事業者:有限責任監査法人トーマツ、連携事業者:WiLが委託を受けて運営しております。